メイン画像

仕事をしていくうちに

仕事をしていくうちに、より高い地位につきたいと願う感情が生じてくるはずです。キャリアアップとは、自分の技能を高めることではないかと思うのです。磨いたスキルを生かす勤めにすれば、収入が増えることも夢ではないし、職に対しての自分の満足の度合いも増えると思います。職を変えることはキャリアアップと言えるかもしれません。視野を広げることができますし違った経験をすることも可能でしょう。さらに、人との繋がりを拡大すると言う点で有能でしょう。中には転職しないでもキャリアアップを目指す人も大勢いるでしょうから自分に合うやり方でキャリアアップしていくといいでしょう。

仕事をするのに必要なのは「やり甲斐」でしょう。やり甲斐を見いだせる仕事を期待して転職する人もいますよね。さて、やり甲斐の意味って何かな。大抵は人のためになる仕事や、良い社会になる仕事はやり甲斐がありそうだと見られていますよね。その仕事をすることによって、己が社会の役に立っているという達成感を味わい、そこに幸福を感じているのかもしれません。仕事に幸せを求めるのがやり甲斐になるようです。

今の正規雇用と言ったやり方を今までよりおおざっぱにして便利にしたいとするのが労働の規制緩和です。この規制緩和が行われた場合、長時間働く、非正規採用の拡大、ワーキングプア(貧困)層の増大も指摘されます。それから、従来の雇用様式が消失することによって職場の人間関係が悪化することが気になりますね。労働の安全性が維持されなくなるなってしまうと危惧する声も聞かれています。規制緩和による低所得や長時間労働でニッポンの経済が経済危機から脱出できないようになってしまうのではと心配です。